RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

* たまのへや *

〜ベランダ園芸とか紙粘土とか料理とかふらふら散策に出かけたりとか〜
気の向くままにあんな事やこんな事をやってみる。
<< 美味しい日本酒と美味しいつまみで今夜も一杯♪ | main | 復讐の野菜ケーキと手漉き和紙完成。 >>
今年もタケノコ、キターーーーー!!
0
    つい先日思わず買っちゃったタケノコがまだあるというのに、今年もまた実家からものすごく
    大量のタケノコが送られてきました!!

    いくら美味しい名産地のタケノコ(大多喜の土は粘土質だから、美味しいタケノコが出来るらしい)だからって、おかあさん、うちには泣いても笑っても2人しか住んでいないんですからね、巨大なタケノコを6つもどうしろっていうんですか!?
    タケノコ

    いつも送られてくるのはもう少し先だから油断してたわ。
    こんな事なら、日曜日にタケノコ買わなきゃよかった悲しい

    しかも、殻つきの茹でたサザエを15個くらいに、また小さな伊勢海老5匹つき。
    サザエと伊勢海老

    とりあえず、伊勢海老はそのまま冷凍庫に行き、サザエは身をほじくって、冷凍保存処理。
    サザエのエスカルゴ風なんかにして、オットに食べさせるか。

    タケノコは、まずは味見に穂先の柔らかい部分をわさび醤油で頂きます!

    う〜ん♪ やっぱり大多喜のタケノコは甘くて柔らかくて美味しいわぁラブ

    早速、なんちゃってメンマとネギチャーシュー炒めをご飯のお供に。
    ネギチャーシューメンマ

    短冊に切ったタケノコをゴマ油で炒め、砂糖+酒+みりん+お酢少し+醤油を加えて炒め煮にし、しばらくフライパンに入れたまま冷まして味を含ませたら、細切り焼豚と細切りネギを
    加えてもう一度炒めて出来上がり♪

    仕上げに七味唐辛子やラー油をたらりとかけて頂けば、お酒のお供にも最高です!

    それから、去年作った「なんちゃって軟骨入りつくね」を、今年はタレバージョンの
    「なんちゃって軟骨入りつくねバーグ」にして。
    なんちゃって軟骨入りつくね

    タケノコのコリコリ感を軟骨にみたてたものですが、単純に、タケノコ入りつくねとして美味しい。

    これで少しは消化したけれどまだまだあるから、1,2個は早めに食べるとして、1つは週末に
    お義母さんにあげよう。

    残りは、やっぱり保存食にするしかないわっ。

    という事で、大きな1つは、干しタケノコにする事にしました。

    去年も作った干しタケノコは、なんてったってカサが減るのがいいのよ。

    薄めにスライスして、水気を拭いたら、軽く電子レンジで乾燥させて天日干し。

    天日干し中のタケノコ。
    干しタケノコ

    夜は屋内にとりこみ、時々裏返してあげながら、カラカラに乾くのを待てば出来上がり。

    去年はこれを戻してメンマ風にして食べたけど、シャクシャクして美味しかったわ。

    (余談ですが、隣にはやっぱり乾かし中の桜の塩漬け。)
    塩漬け桜

    残りのタケノコは、今年初挑戦のビン詰め脱気保存をします!

    念の為、蓋のスクリューが深めのビンを買い込み、きれいに洗ったら煮沸消毒。

    切った茹でタケノコをビンに詰めて口まで水を注ぎ、軽く蓋をしたら、肩までの熱湯で30分、
    脱気の為の煮沸。

    ビンを取り出して、ギュギュッと蓋を閉めたら(火傷注意!ゴム手袋をして蓋を閉めたけれど、それでも軽く火傷したわぁ〜)、今度はビンが全部お湯に浸かるようにして、再び30分間グラグラと煮沸。
    タケノコ煮沸中

    あとは、取り出したビンを逆さにして自然冷却すれば出来上がり♪
    タケノコの水煮瓶詰め

    450mlのビン詰めが3つ出来ました!

    うまくいっていれば、常温で1年は軽くもつらしいし、美味しいまんまらしいから、お正月かどまつ
    煮物にこのタケノコを使えたらいいなぁ〜。

    でも・・・うっかりしている間に腐っちゃったら困るから、時々水が濁っていないかチェック
    しなくちゃ。

    このまま腐らずにいてくれますように。

    ビン詰め保存成功で、いつでも美味しいタケノコが食べられるとよいね、と思って頂けたら
    クリックよろしくお願いします
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキング
    | お料理のへや | 08:34 | comments(7) | - | - | - |
    >がんさん
    タケノコは5月まで採れますから、まだタケノコの天ぷらは間に合うんじゃないですか?
    あ、でもそういうお店は季節を先取りするから、もう初夏のメニューになっていたりするのかなぁ?
    そうそう、ゴボウを食べるのは日本人と中国人の一部?だけらしいですねぇ。
    日本人もどんどん西洋野菜を取り入れて食べていますが、最近では西洋人も日本食をとりいれる傾向が出てきましたね。
    でも・・・味蕾の少ない彼らに味がわかるのかどうかが疑問です(笑)

    >ば〜ばさん
    私が食材加工や保存の苦労を面白がるようになったのを見越して、頂きものが多い実家の余剰食糧がかなり送られてくるようになりました。
    不景気のこの時代は特にありがたいですよね。
    しっかり頂きますとも!

    >kentさん
    大多喜のタケノコは関東のブランドタケノコらしくて、毎年遠方からわざわざ買いにくる方も多いようです。
    うちの母も毎年大量に買っては、あちこちの知り合いに送っているようで(笑)
    GWに帰省しなくても、きっとkentさん宅にはたくさんのタケノコが送られてくるんじゃないですかー?
    そしたら、またせっせとお料理してくださいね!

    >kojiさん
    そうそう、国産タケノコの水煮って買うと高いから、せっかくとり放題のタケノコがあるなら、保存食をたくさん作っておくとタケノコ料理にこの先困りませんよ!(笑)
    たーっぷり大量の塩でバケツにでもつけておけば、塩抜きするだけで使えるから、それも簡単かも。
    ところで、kojiさん、山椒って虫の味が本当にするの?(笑)

    >早紀さん
    おお!一度にどさっともらうのではなくて、コンスタントにタケノコを頂く、というのがいいですねぇ〜。
    どさっともらうと腐りそうで怖いし。
    昨日のタケノコづくしのご飯、美味しそうです〜。

    >totomeさん
    はい!今年は瓶詰めやりました!去年のtotomeさんに触発されて(笑)
    無事に腐らずにいてくれる事を祈っています。
    実家からのタケノコは、茹でたものが袋に入って翌日着のクール便で送られてきます。
    タケノコはすぐ茹でないとエグくなっちゃうし、大きいから茹でるのがたくさん大変だろうと、いつもそのように。
    ありがたいです。
    即座に梱包をといて、保存処理をするのが一仕事なんですけど(笑)
    雨の中のタケノコ堀り、大丈夫だったかしら??
    | たま | 2009/04/25 6:04 PM |

    おっ!やりましたね〜瓶詰め!
    わたしも昨年は腐ってないかドキドキで疑心暗鬼でしたが
    おいしく食べられましたよ〜〜。
    わたしは今から田舎に行ってタケノコ掘りしてきます。
    しかし雨じゃないか・・・・裏山で落下??(--;)

    ご実家から送られてくるタケノコは、茹でた状態ですか?
    水に浸かっているのですか??
    茹でてしまうと腐りやすいけどどういう状態で配達されるのか
    気になってしまいました〜
    | totome1977 | 2009/04/25 11:51 AM |

     凄いですね〜瓶詰めもしちゃうのね!!

    うちは、今回、パパさんの会社の人から、毎週たけのこ水煮をいただいてます。
    山を持っているそうで、タケノコ間引かないといけないらしく、毎週50本前後取るらしいです・・・女性なのに大変。そのお裾わけをいただいて、楽ちんです。

    毎日、タケノコメニューですが、煮たり焼いたりとタケノコは色々使えて良いですね。
    昨日はタケノコチャーハンにタケノコと蕗の煮物。鶏手羽とタケノコの煮物でした(笑)
    | 早紀 | 2009/04/25 9:44 AM |

    わぁ!!やってはる!!
    売り物になりそうっすな!!たけのこの水煮。。。
    私も、終盤戦を迎えた苑のタケノコを
    ここで学んだやり方でやってみようかな???

    師匠の実家の近辺では、贅沢な食材が沢山なんですね!
    羨ましすぎぃ!!


    追伸。。。
    私も木の芽味噌は昆虫の味がすると思います。
    奴を齧ってしまった人にしかわからんかな???(笑)
    | koji | 2009/04/24 9:05 PM |

    たまさん、こんばんは。

    大量のたけのこ、いいなぁ。
    関西では京都産の筍が有名で美味しいと言われていますが
    そちらでは大多喜ってところの筍が美味しいんですね。
    ひとつ勉強になりました。

    大量の筍の保存法、大変参考になります。
    我が家も毎年たくさんの筍を頂くのですが、今年はGWには帰省しないので、筍はないかも知れません・・・。
    大量の筍に毎年うんざりもしてしまうのですが、ないならないでちょっと寂しいです(笑)
    | kent | 2009/04/24 8:59 PM |

    なんだかとっても羨ましい悩みですね〜。

    我が家にはもう親は4人とも居なくて、山菜がたくさん採れたと送ってくれる人も無く〜。
    思い返すと、親ってありがたい存在でした。

    泥付きの山菜や丸ごとの魚介など、ブゥブゥ言いながら処理してたことに涙が出ます。

    ありがたい美味しさを大事に召し上がってね〜。
    | ば〜ば | 2009/04/24 11:21 AM |

    昨年は長岡京の筍料理屋で冷めて油の回った天麩羅を出されて頭に来たので、ことしは別の店でリベンジしてやろうと思っていたら時機を逸してしまった…。
    とれたての新鮮な筍はお造りでもいただけますし、格別美味しいですよね。
    手をかけて保存食にしたやつもまた風味が変わったりして美味しいのでしょうね。
    むかしむかし、捕虜にゴボウを食べさせたら『木の根を食わせやがった!』と怒ったと聞きますが、やつら(西洋人)は筍も食わないんだろうな〜、きっと。
    年中同じような物しか食わない人種ではなく、こうして季節の旬のものを楽しむ日本人に生まれて良かったと思いますよ、ホント。
    | がんさん@大和の国 | 2009/04/24 9:42 AM |