RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

* たまのへや *

〜ベランダ園芸とか紙粘土とか料理とかふらふら散策に出かけたりとか〜
気の向くままにあんな事やこんな事をやってみる。
<< インドに行って参りました!8(まだまだバラナシの続き) | main | インドに行って参りました!10(もうすぐバラナシ脱出!?) >>
インドに行って参りました!9(どうしてまだバラナシ!?)
0
    朝4時に起床した私達は、まだ真っ暗な5時すぎにロビーでお迎えのガイドさんと落ち合い、一路ガンジス河へ。

    日の出前の外はまだ薄暗くて、昼間のくそ暑さがウソのようにちょっと肌寒いのに、河岸は
    すでにたくさんの人で賑わっています。
    ガンガー

    私達も、インド政府公認のガイドさんと共に一丁漕ぎボートに乗り込み、いざガンジス河へ船出船
    ボート

    そして、日の出日の出の瞬間。→アップ
    日の出

    おおー!! 聖なる河ガンガーから上る太陽の、なんと美しい事!ラブラブ
    今、この瞬間だけ、「聖地」という事を認めるわ。

    有難い河で沐浴する人々。→アップ
    ガンガー

    そして、太陽に向って遠泳水泳する人。パンツ一丁になって石鹸でアワアワしながら体を洗う人。洗濯する人・・・。

    ガートは南から北まで80以上あるのだけれど、割と閑散としているガートもちらほら。
    聞けば、聖なるガートはこの中でもほんのいくつかで、他は洗濯ガートだったりするそうで。

    南側にあるガス(?)の火葬場。
    火葬場

    北側にあるのは、有名な薪火葬場。→アップ
    火葬場

    大量の薪を燃やして火葬するのだそうです。
    これから火葬されるご遺体が見えたりして、ちょっと恐縮汗

    「ガスで焼かれるケースと薪で焼かれるケースの違いは何ですか?」とガイドさんに尋ねたら、「家がどちらに近いか」なのですと。なんだ。単純すぎて拍子抜け。もっと由緒ある理由が
    あるかと思った。

    しかし、人生をまだ十分に生きていないとみなされる子供の遺体なんかは焼かずにそのまま河に流しちゃうそうだから、もし、プカプカ流れてきた死体なんかに遭遇しちゃったらどうしようかと思っていたら、プカプカしているのはゴミだけで、意外にも、河の水は(透明ではないものの)それ程ばっちく見えませんでした。

    「お!意外にきれいじゃん」なんて言って、きっと、今日もこの河のどこかで日本人の若者が泳いでいるに違いない。
    そして、何人かは熱をだしてうなっちゃったりするのよね病院

    私達は、ボートでやってきたお土産売りから小さな壷を購入して、それにありがたき水を詰めてもらいました。
    聖水の壷

    この河の水は、ヒンドゥー教の方々にはそれはそれはありがたいものらしく、そういえば、河岸の露店には、水をお持ち帰りする為のドでかいポリボトルが山のように売られていたっけ。

    約1時間程、河を遊覧したらツアーはお終い。

    しかし、ボート漕ぎの少年たら、渡したチップにブーイングって何よ〜ぶー

    だって、小さい額の札がその時は30ルピー分しかなかったんだもん。
    ガイドさんまで、「この人は貧乏だから、あと20ルピーあげてください」って、チップに値上げを
    要求するとは何事か!?

    そういえば、インドで何人に渡したかわからないチップに、素直に喜んでくれたのは、ほんの3人程だったなぁ。
    あとの大勢は、不満そうな顔をして首をひねったり、もっとよこせ、と言ってきたり。
    物乞いの人にすら、「これじゃぁ子供のご飯も買えない〜。もっとくれぇ〜。」と追いかけ回されたっけ。

    いや、私達は十分な額を渡しているつもりよ。小さな額の札がなくて、大盤振る舞いした事だってあったじゃない。そりゃ、たまには小銭の持ち合わせがなくて、ちょっと少ないないかなー、
    ごめんねって時もあったけど。

    だって、両替した時に「10ルピーとか20ルピーとかの小さなお札をいっぱい混ぜて下さい」って言っても、「そんな細かいのない」って50ルピー札少しに100ルピーとか500ルピーとか1000
    ルピー札ばかりをくれたりするから(そういえば、手近なメモ用紙がないとお札でもその代わりにしちゃうのか、かなりの割合でメモ書きがされているお札が混ざっていたなぁ)、小銭を全然
    持っていない時だってあるのよ。

    だから、お釣りの小銭をもらう為に、せっせとミネラルウォーターを買ったり小物を買ったりして、少しはインド経済に貢献したじゃない。

    まったく、インドは国中で結託していやがる。

    ほんと、旅行中は、「(リキシャ代やチップ用に)こまかい単位の札を常に十分に用意して
    おく」なんて事に心を砕きましたよ。トホホたらーっ

    余談ですが、河岸でみつけたニーム売りのおばさん。
    ニーム売り

    この木はアーユルヴェーダなんかに使われる薬木で、インドの人の中には、この木の小枝の端を細かく裂いてブラシ状にして歯磨きをする人々もいるらしい。

    実は私、この木から抽出したオイルを水で希釈して畑の虫退治をしておりますの。
    化学農薬じゃないのに、効果テキメン。おまけに、野菜の活力剤にもなるそうだからありがたい。臭いけど。
    いつもお世話になってます♪

    さて、ホテルに戻って朝ごはんを食べて一休みしてしたら、バラナシ滞在は残り半日。

    午後はブッダゆかりの仏跡「サールナート」に出かけます。今のところは、まだ平和♪

    沐浴の神聖な光景が見られてよかったね、と思って頂けたら
    クリックよろしくお願いし<br />
ます
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキング
    | 旅行の思い出のへや | 17:26 | comments(5) | - | - | - |
    >Solar08さん
    この河で無防備に泳ぐと、免疫のない日本人なんかは、疲れたりして弱っていたりすると、何人かに一人は発熱するらしいですね。
    ニームは、なかなかよいですよ。
    土の中に潜む虫にはなかなか効かなかったりしますが、アブラムシや青虫、イモムシなどの汁を吸ったり葉を食べたりする虫には効果てきめんです。
    チップのない国の人は、チップのある国に行くと、本当に神経使いますよね。

    >mitsumineさん
    日の出だけはとってもきれいでしたよ〜。
    河の水が臭かったらどうしようかと思ったけれど、悪臭は意外な事に全然なかったです。流れているからかしら。
    チップは、ここではもはや、私達が考えているチップ(おまけ的報酬)ではないような気がします。
    ホント、いつも財布の小銭、小さい札を数えていましたもの。

    >ば〜ばさん
    へええーアンコールワットにカメラシャッター屋が!?
    私達も行きましたが、全然記憶がないです。
    カンボジアの街中にも、内戦で足や腕などを失った物乞いの方がいらして寄ってきましたけれど、このバラナシの物乞いや客引きの密度に比べたら全然低かったです。

    >kojiさん
    確かに、ガンジス河の光景はいろんなメディアで紹介されていますものね。
    見覚えがある光景も多いはず。でも、実際に目にすると、なんだかやっぱり違いますねぇ。
    ところでチップ。ここは標準じゃないですから(笑)
    欧米なんかでは、まさかこんなに頻繁に値上げの要求や不満な様子は見られないと思いますけど・・・。
    そういえば、ここのところ、アジアばっかり行っているので、忘れちゃったけど。
    | たま | 2009/10/25 7:27 PM |

    やっぱ聖地の日の出は神々しいっすね!!
    何度かTVや雑誌で見たような光景も
    知り合いの方に紹介してもらうってのは何だか
    リアリティが違う気がするっす。

    で、ちっぷ・・・
    これって要求されたり、値上げしろって言われたり、するもんなんですね!?
    あまり海外旅行の経験のない僕にとって
    チップを渡すっていうことすらあまりしたことが無いので、かなりの衝撃っすよ、、、師匠の今回のお話。
    | koji | 2009/10/25 1:45 PM |

    いかにもインドの話題と光景(写真)、インドの生活が見えるようでした。

    東南アジアの物乞いに近いチップ要求や、土産物売りは脅迫や強奪に近い場合もありますね。
    アンコールワットのカメラシャッター押し屋(?)の強引さも怖いくらいでしたよ。
    | ば〜ば | 2009/10/25 9:15 AM |

    きれいな日の出。
    う〜ん、これを見に行くだけでもいいんじゃないか、
    と思っちゃうわ。
    しかし、よく見かける光景もこうしてたまさんの
    ところで見ると、ぜ〜んぜん違うわ。
    なんか、暑さと臭いも感じるような強烈なインパクト。

    しかし、チップの値上げって・・・。
    とりあえずイヤな顔すれば、追加でもらえると
    誰かが美味しい思いして、それが伝わった・・・とか(笑)。
    なんか渋滞の始まりのようなイメージだわ。
    | mitsumine | 2009/10/25 1:50 AM |

    日の出の写真、やっぱりすばらしい!川の水の実態を知らない間は、ロマンチックになれそうですね。この川に飛び込んだ日本人青年、一人知っています。病気にはならなかったらしいです。
    ニーム、害虫退治に効くのですね。すばらしい。ニーム入りの歯磨きを買ってきたのですが、いまだに使ってません。虫歯にも効くならいいんだけど。
    チップ、カナダでもウエイターが手を出して追っかけてきましたよ。一割ぐらいだそうで。
    昨日は洗濯機を運んで取り付けてくれた男性たち(取り付け料や使用済み機器の引き取り料は商品価格に含まれている)に、千円ぐらい渡しました(「つり銭はあなたたちのコーヒー代」と言って)。軽く礼を言われました。近ごろではケチになって、小包を届けてくれる人にはあげなくなってしまいました。チップのない国っていいですねえ。
    | Solar08 | 2009/10/24 6:15 PM |