RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

* たまのへや *

〜ベランダ園芸とか紙粘土とか料理とかふらふら散策に出かけたりとか〜
気の向くままにあんな事やこんな事をやってみる。
<< インドに行って参りました!10(もうすぐバラナシ脱出!?) | main | インドに行って参りました!12(ついにタージ・マハル!) >>
インドに行って参りました!11(とうとうバラナシ脱出!)
0
    「隣の店にもカレーマサラ、売ってるよ」の一言に、反応してしまった私・・・。

    懲りてねーたらーっ

    よせばよいのに、また買っちゃいました冷や汗

    この店でも、これまた日本語ペラペラの店主が、これまた日本人と一緒に写った写真を披露しながら

    去年日本に行ったよ日本人の友達が北海道にいるからねそこで私カレー作ってあげたよすごくおいしいって言ってくれて私のマサラ欲しい欲しいってすごく評判いいのだってこれ20種類以上のスパイス入ってるからねとても高いスパイスも入ってるよ配合とても大切それを間違うと体に悪いものになっちゃうからね私のスパイスとても体にいいし美味しい100グラムいる?友達に分けてあげるなら200グラム要るねティーマサラもいいよこれすごく体にいいよチャイにいれたら香りいいし体具合悪いときもそれ飲めば治るよインド人皆そうしてるコーヒーに入れても問題ない私来年日本に行くよ日本で仕事するつもりよ北海道は寒かったよあーだこーだ・・
    ・・・・・・・・・・・・・

    ひぃ〜!! 誰か止めて!!NO!

    結局、この口撃に負けてしまったのよ、私。

    カレーマサラは昨日の半額だったけど、ティーマサラは昨日のカレーマサラと同じくらい高いのに買っちゃった。

    昨日の今日だというのに、学習効果まるでなし悲しい

    ※でも、負け惜しみではなく、このティーマサラも、昨日のカレーマサラも、帰国後に早速、
    チャイやカレーに使ってみたら、すごく「よい」のです。(この日に買ったカレーマサラは、割と
    フツーだけど)
    インドカレーの仕上げのガラムマサラ代わりにカレーマサラを加えてみたら、風味がまるで
    別物!!とてもミステリアスなカレーに変身しちゃいました。
    ティーマサラも、チャイの仕上げにひとつまみ加えると、味が引き締まるし風味もアップするので、とても美味しくて、もう、毎日のようにチャイを飲んでおります。

    さて、止らない彼の話をなんとか遮ってようやく腰を上げ、やっとサールナートに向けて出発。

    サールナートは、ブッダが初めて説法をしたと言われている地なので、仏教徒らしいインド人やネパール人が多く訪れておりました。

    ムールガンダ・クティー寺院
    サールナート

    ダメーク・ストゥーバ。
    サールナート

    あ、まさしく仏教っぽくて、親しみがわきます。
    サールナート

    そして、この奥には鹿のいる小動物園が。奈良じゃないけれど、仏教には鹿?

    しかし、この日も暑かった〜晴れ

    あまりの暑さに見学も早々に車に引き上げると、ガイドのお兄さんたら「まだ時間たくさんあります。次はアーユルヴェーダのお店に行きましょう。」って。

    「悪いけど、今日もうホテルでマッサージしちゃった。だから行かない。」

    「OK。見るだけ」

    「見るだけ、って何を見るんじゃい!?」

    結局、その店の近くに事務所があるからちょっとだけ仕事をしてくる、という彼を、仕方なく
    そのアーユルヴェーダの店で待つ事に。
    10分程の時間だったけど、本当に「店を見るだけ」(笑)
    見るだけ、って言えば何でもアリかよ。
    でも、アーユルヴェーダの化粧品でも売っていれば、もしかして買っちゃっていたかもねたらーっ

    そして、バラナシで一番近代的にして唯一(多分)のショッピングセンターで落としてもらい、
    ガイドさんとは一旦サヨナラ。
    IPモール

    おおー!!ここだけ別世界だっ!!

    セキュリティーチェックを受けて中に入ると、マクドナルドに小奇麗な服屋さん、カバン屋さんにスポーツ用品店、貴金属店に、インド臭の殆どないファンシーショップなどなどが整然と軒を連ね、3階にはフードコート、そして、4階には映画館が。

    なんと、ここには、トイレおばさんのいない(そこそこきれいな)トイレまであった〜!ラッキー

    残念な事に、期待した食品店はなく、購買意欲のわくモノは何もなかったので、フード
    コートで一休みしながらしばし館内を観察。

    ここは、皆がこぞってオシャレをしてやってくる超人気スポットであるらしく、まるでピアノの発表会にでも着るようなフリフリキラキラドレスを着た子供達を連れた中流以上の家族連れや
    若者で大混雑です。

    私達の隣のテーブルにもオシャレをした小さな女の子達7,8人がいたのですが、子供だと
    思って油断をしたオットが、目があった女の子に笑顔で愛想を振りまいちゃったら・・・

    急襲!!びっくり

    みんなしてドドドっとやってきて、「ハローハロー」「What your name?」の嵐。
    オットが握っていたボールペンを奪っては、ガイドブックの表紙にいたずら書きを始めるわ、
    ヒンドゥー語で次々と何やらまくしたてるわ、と、激しくまとわりつかれる事に。

    俄かにこのテーブルの周りだけ騒がしくなっちゃって、まわりのインド人達も驚いてひいてるよ。
    ひぃ〜汗 

    落ち着いてみれば、殆どの娘はただの無邪気な少女だったのだけれど、中に2人ほど目が
    笑っていない娘が・・。
    え?何?チョコレートよこせって? ノーノー、チョコレートないない、持ってないよ。
    ちょっと、それにしてもあんた、目が怖いよ。子供が大人に甘える顔じゃないでしょ、それ。
    え?チョコレートがなければ金よこせって? ひえ〜、カツアゲですか。
    怖いよぉ〜。あんた達、お金持ちのお嬢さんでしょ!?

    ここでも落ち着いていられない〜と、私達はまた這う這うの体で逃げ出し、この先2キロ程の道のりをテクテクと歩いてホテルに退散しちゃった。

    ああ、ホテルの中が一番静か。一番落ち着く。
    情けなくもバラナシの街にへこたれた私達は、出発までの数時間をずっとこのホテルでボーっとして過ごす事にしたのでした。

    だから、当然、晩御飯もホテルのレストランディナー いいのいいの、ここは美味しいから。

    ハーフサイズのタンドリーチキン。200ルピーなり。うまし。
    タンドリーチキン

    今日は、キノコとグリーンピースのカレー。135ルピー。これも美味しい。(食べかけで失礼)
    ベジカレー

    これにナン2枚とビール1本で、タックスとチップをおいて700ルピー。
    ちょっと高かったけれど、美味しくて満足ですモグモグ

    日本のお店で食べるナンて、なんだか厚くてパンみたいなのが多いからあまり好きではないのだけれど、インドで頂いたナンは薄くて香ばしくて美味しかったなぁ。

    そうこうしているうちに、迎えのガイドさんが到着。

    いよいよ、強烈だった街バラナシともお別れです。ホっとするような、名残惜しいような複雑なこの気持ちは何!?

    夜の9時過ぎに駅に到着すると、そこは人々で大混雑。→アップで見ちゃう?
    バラナシの駅

    22時20分発のはずが、案の定2時間以上遅れて到着した列車に乗って、私達はこの夜、
    とうとうバラナシの街を後にしたのでした。バイバイパー バラナシ。

    バラナシは本当に強烈だったね、と思って頂けたら
    クリックよろしくお願いし<br />
ます
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキング
    | 旅行の思い出のへや | 18:29 | comments(7) | - | - | - |
    >Solar08さん
    近ければ、カレーマサラも是非お分けしたかったなぁ。
    オットが飲みたがるので、チャイはほとんど毎日飲んでますよ。寒くなったし、朝の糖分によいみたいです。
    ほんと、インドの物売りは手強かったー。
    興味がない時にはきっぱりさっぱりと通り過ぎる事が出来るのですが、少しでも欲しいと思うと、常にまんまと相手の思うツボでした(泣)
    他の国での物売りとの駆け引きの方が、余程楽だったなぁ。
    修行が足りないわ。
    ところでシルク。確かに、お店ではそういう検証は出来ないですよねぇ。
    手触りだけで目利きをする為には、これも修行が必要ですねぇ。無理だけど(笑)

    >kojiさん
    確かにバラナシはコアなインドだと思います。
    他の地方からやってきたインド人もバラナシ人には騙されちゃうんじゃないだろうか!?
    インド旅行もあと少し。私も早く終わらせたい(笑)

    >早紀さん
    おお!この駅の様子が、一時避難している人々っぽいとは、言いえて妙!
    まさにそんな感じですね。
    しかし、インドの駅はいつでもこんな感じらしいです(笑)
    毎日避難?

    >ば〜ばさん
    いや、細かい出来事を書き連ねれば、それはそれはたくさんの出来事があったのですが、そうしたら、いつまでたっても終わらなくなっちゃうので、はしょりました(笑)
    それくらい、印象に残る出来事ありすぎ!
    オットも迂闊ですよねぇ〜。え?まさかロリコンでは・・!?

    >がんさん
    あ、そうだった、「鹿男・・」を見ていたというのに、すっかり失念しておりましたよ。あれは神様の方でしたね。
    こちらは、仏様が鹿に姿を変えて、とか鹿に乗ってやってきた、とかいう説があるそうです。
    どちらにしても、鹿ってわりと神聖な動物なのかしら。
    今回まとわりつかれたのは、物乞い系の子供じゃないので驚きました。
    物乞いの子にまとわりつかれる事は、なぜだかなかったのですけどね。

    >mintさん
    ほんと、オチオチしてられませんでしたよ。インドでは。
    油断していると何が起こるかわからない。
    油断していなくても何かが起こる。じゃあ、どうしたらいいんじゃい!?って感じ。
    でも、コレ読んで行った気になってもらえたら、インドなんかには行かなくて済みますよ(笑)
    | たま | 2009/10/27 6:19 PM |

    旅行記、楽しすぎですw
    『インド=おちおちしてられない』ということが
    私の脳にインプットされましたw
    | mintbox | 2009/10/27 3:23 PM |

    奈良の鹿は「神」の使いです。
    なんでも春日大社のご祭神(藤原氏の祖。タケミカヅチだったかな…)が鹿島から白鹿に乗ってやって来たとかで、その縁で鹿が大切にされているのだとか。
    なので、仏教とは関係ありません。
    それは兎も角、忙しない街ですな〜。
    私の後輩で最後にお腹を壊してしまった人も『子供達にまとわりつかれて困った…』と言ってました。
    平和で穏やかな暮らしに慣れている日本人ですが、海外では考えられない(日本では起こり得ない)ようなことに遭遇することがありますね。
    | がんさん@大和の国 | 2009/10/27 11:39 AM |

    ムールガンダ・クティー寺院とダメーク・ストゥーバ(仏舎利塔?)、こんな建造物とかは好きです、気持ちが落ち着いて〜。
    バラナシの〆は、まぁまぁ平穏(?)に美味しく終わってよかったわね。

    若く可愛く見える娘(コ)たちに笑顔を見せるのは、いまや日本でもヤバイですよ〜・・・旦那様ァ!
    | ば〜ば | 2009/10/27 10:19 AM |

     バラナシ、凄かったですね〜本当〜に襲われちゃってましたね・・・子供にまで・・・

     強烈という言葉が似合う街なのでしょうね。
    しかし、駅は台風が来る前に、非難しているような図・・・これって、しばらく前の日本にもありましたね。懐かしいなあ〜(ってそんな年齢でもないけど)
    | 早紀 | 2009/10/26 10:58 PM |

    カレー&ティマサラですか、、、師匠が一番興味ありそうな代物ですな!(笑、、てか笑っていいの?)
    波乱万丈な聖地を後にするにも、2時間待ち。。。
    まさに、コアなインドを見たって感じっす!
    さぁ!明日はどんな光景を見させていただけるのでしょう???
    あぁぁ〜ウルルン滞在記並みに楽しみ〜!
    | | 2009/10/26 9:41 PM |

    マサラがおいしかったようで、安心しました。私も買えばよかった(続いてマダガスカルに行ったので重い荷物はパス)。マサラティーはいまだにあります。おいしいけど、そう頻繁には飲まないですね。
    物売りとかおねだりに対抗するには、とにかく相手の目を見たり微笑んだりはせずに無視するに限る、とトルコにまつわる本にも書いてありました。
    シルクを火で見分けるのは、知っていましたが店ではできかねて。水に浸せばすぐにわかるのですが(シルクは水をよく吸うし、シワになるが、ポリエステルは吸わない)、これも店ではできなくて。モーリシャス島で買った中国製自称シルク100%の下着はポリエステルでした。
    | Solar08 | 2009/10/26 9:06 PM |