RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

* たまのへや *

〜ベランダ園芸とか紙粘土とか料理とかふらふら散策に出かけたりとか〜
気の向くままにあんな事やこんな事をやってみる。
<< お風呂掃除と冷蔵庫掃除の週末ご飯。 | main | じんわり温まるアホスープと野菜のご飯。 >>
映画館の迷惑親子と続・冷蔵庫掃除の晩ご飯。
0
    昨日は、映画館に「フォース・カインド」を観に行ってきました。

    以前に予告編映像を観た時から気になっていたすっごく怖そうでワクワクしていたのですが、
    やっぱり怖かった〜ムニョムニョ

    オカルト系だと思っていたのが、実はUFO系のお話だったのですが、時々挿入されるノンフィクション映像がリアルさを醸していて、怖さ倍増です。

    そして、別の意味でもちょっと怖い出来事が。

    私達の席の後ろに座ったのは、小学校低学年もしくはそれ以下の年齢の子も含まれる男の子達4人。

    漢字バリバリの字幕映画だし、どう考えても小さな子供が観る映画じゃないよなぁ〜と不思議に思っていたら、案の定、ガキどもったら、最初からペチャクチャしゃべるわ、ボリボリ物は食うわ、足をばたばたさせて座席を振動させるわ、で、落ち着かない事甚だしい。ちゃんと観ている気配、まったくなし。

    彼らが楽しんでいようとそうでなかろうと関係はないものの、前後の席の人々はたまりません。

    私達の並びの女性はおもむろに後ろを振り返っては子供達を睨んでいるし、後ろの座席のおじさまは、ダイレクトに「坊主、いい加減静かにしろ!」と注意しているし。

    ヤツらは一体、どうしてここにいるのだろう?と終始不思議に思いながらも映画が終了し、
    明るくなった館内で後ろを振り返ってみたら・・・

    2人はぐっすり夢の中(どうりで後半残り15分くらいは静かになったと思った)、そして、子供の横には保護者とおぼしきおばさまが・・・。

    大人が横に座っていたのはなんとなく気づいていましたが、子供達が騒いでも何をしても、
    たしなめるわけでもなく「私は無関係です」とばかりに平然としていたので、たまたま隣の席になっちゃったお客さんだと思っていたのですが、見たところ、どうも彼らのお母さん風。

    怒って振り返ったお姉さんも後ろのおじさんも、ライトが当たってその現実に驚いたらしく、怒り倍増。

    おじさんは「おい!保護者がついているならちゃんと子供達を注意しろよな。テメー、ふざけんじゃねえぞ」とおばさんにブチ切れ。しかし、おばさんは謝るでもなく黙って座ったまんま。

    怒ってたお姉さんも、「ったく、ちゃんとガキをしつけろよなー」と捨て台詞を吐いて去ろうとしたら・・・

    それを聞いたそのおばさんが、ボソっと「そういうお前がしつけられろ」とかなんとか・・・

    ひえ〜!!びっくり

    お姉さんにはどうやら聞こえなかったらしく、血を見るような争いが勃発する事はありませんでしたが、このお母さんはいったいどういう了見なんでしょうねぇ??

    確かにお姉さんの言葉遣いは美しいとは言えませんが、だいたいそういう問題じゃないし、
    反省している人間の態度じゃないわー。
    もしかして、悪かったと思っていないのかしら?

    ああ、やだやだ。今も渦中の子供手当てですが、こんな親にはあげないで欲しいと思ってしまった。

    (それにしても、なぜ彼らはあの映画を観ていたのだろう?もしかして、お母さんが観たかったから、付き合わされたのかなぁ?)

    まあ、不快な事は早く忘れましょう。

    冷蔵庫掃除のご飯は続いています。

    材料を買い足す事なく、冷蔵庫のスペースを確保したい。

    だって、今週はクリスマスだからいやでも何かしらは買わなくちゃならないし、お正月食品も
    高値になる前に確保しておきたいから、冷蔵庫がギューギューじゃ、困るのですよ!

    日曜日の昼は、翡翠炒飯風ホウレン草入り炒飯に、自家製皮と白菜餡の作り置き餃子とありもの野菜のスープで、冷凍室と野菜室のスペースを若干確保する事に成功し、夜ももちろんありものご飯。

    和食って、お皿がカラフルじゃないと見た目地味だわぁ〜。
    晩御飯

    天ぷらいろいろ(ハゼ、ハゼの梅紫蘇巻き、カボチャ、椎茸)、若芽と玉ねぎと蛸の酢の物、鯵の干物と大根、ネギの煮物(オットの大好物)、蒟蒻と白菜のオイスターソース炒め。

    天ぷらついでに、土曜の昼の残りの里芋の煮物に片栗粉をまぶして揚げてみたら(左上)
    天ぷら

    これは美味しいラブ
    外はサクっ、中はトロっとした食感で、里芋の煮物がそれ程好きでないオットにも好評。
    「残り物は食わん!」と偉そうなオットをごまかす為のリメイク料理でしたが、まんまと大成功。
    今度から、里芋の煮物はたくさん作っておこう。

    それから、鶏そぼろと炒り玉子、鮭フレークの三色ご飯に
    三色ご飯

    ちょっとだけ残ったイチゴで作った牛乳寒で〆た、日曜日の夕食でございました。
    イチゴ牛乳寒

    冷蔵庫と畑にあるものでご飯を作る挑戦も、あともう少し続けなければならなそうです。

    早く冷蔵庫のスペースが空くとよいね、と思って頂けたら
    クリックよろしくお願いし<br />
ます
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキング
    | お料理のへや | 13:01 | comments(7) | - | - | - |
    >いちごさん
    いちごさん一家にはきっとありえなさそうな話ですよね〜。
    お子さんがいる友達の話をきいても驚く事はあったけど、実際に遭遇するとびっくり。
    ガンガン振動する椅子に座っての映画鑑賞は本当に疲れたわ。
    余った里芋の天ぷら(唐揚げ?)はお薦めですよ〜。
    片栗粉に転がして揚げるだけだし。

    >ば〜ばさん
    子供達が落ち着かないのはわかるとしても、親の態度に本当に本当に驚きました。金返せ!って言いたいくらい(笑)
    ところで、うちの冷蔵庫もちょっぴりスペースに余裕が出来たので、これからまた年末年始食材を買い出しに行きます!

    >ある主婦さん
    そうそう、この不愉快な現場に遭遇した時、ある主婦さんを思い出しましたよ〜(笑)
    私は大人の不愉快な人には映画館であまり遭遇した事がないのですが、ほんと、集中して映画を観られないのは疲れますね。

    >早紀さん
    ほんと、悪いと思っていないのでしょうね、あの態度を見ると。
    彼らのまん前の席のお姉さんは相当怒っていたけれど、当然だわ。
    ちょっと離れたこちらまで椅子の振動が伝わってきたくらいだから、彼女は相当椅子の背中をけられたに違いない。
    二度と遭遇したくありません。
    ところで、早紀さん宅も旦那様が残り物嫌い??贅沢よね〜。
    里芋リメイクはお薦めですよ。食感がちょっとかわっただけで別ものになります。
    片栗粉に転がしてさっと揚げるだけだし。

    >kojiさん
    私も注意しようと思ったのだけれど、ちょっと席が離れていたのでためらっちゃって。
    でも、私の真後ろに親が座っていたとは驚いた!!
    koji家には絶対こんな事はないから安心だわ。
    ところで、高野豆腐のリメイクはした事なかったなー。
    美味しそうだし、今度やってみます!

    >dotさん
    小さな子供って小さなモンスターみたいなものだから(笑)世のお母さんも少しくらい図々しくならないと平穏に暮らしていけないよなぁ、と理解はしているものの、今回は理解不能でしたわ(笑)
    こりゃ、学校の先生方がナーバスになったり精神を病んだりするのもよくわかります。
    鶏そぼろって、私もすごく久々に作りました。
    作ってみると美味しいのよねぇ。
    | たま | 2009/12/22 11:39 AM |

    ヒエー!!なんじゃその親子!!!
    ものすごーい憤りを感じつつ、自分がその場にいたら、、、
    何か言えたか??とも自問しちゃいました。
    そう云う親と日々接する教師の方々の事まで妄想。。
    しかし、、そのお子たち、、どういう風に育つのか、、
    イヤ、既に育っているのか、、
    恐ろしいですね、、、
    せっかくの映画、残念でした。
    ある意味、映画よりも恐怖の出来事か。

    今日も、残り物??え?え?
    という、美味そうなお皿♪
    一品だけ、同じだぁ〜♪♪
    そぼろご飯、、先日久しぶりに登場したの♪へへへ。
    苺の牛乳カン。。美味しそうで、しかも可愛い♪
    | dot | 2009/12/22 7:35 AM |

    僕がその場にいたら、「頑張れおっさん!!」って陰ながら応援したでしょうし、「お姉さん!おばはんがこんなこと言ってたで!」てしっかりチクッテあげたでしょう。(笑)
    でも、こんな可哀そうな親と関わり合いにはなりたくないので。。。(そういう風に思われてたらどうしよう、、、)

    師匠料理はいっつもいいっすな〜〜〜
    マジ、旦那さんが羨ましいっす!
    僕も煮物のリメイク天麩羅は大好きっす!
    高野豆腐も美味しいっすよね!!
    | koji | 2009/12/22 12:46 AM |

     あらま〜困った人たちに遭遇しましたね。お疲れさまです。
     そういう人たちは自分が悪いと思っていないので、どうしようもないですよね・・・周囲が悪いと思っているし。モンスターペアレンツみたいなものかしら。

    サトイモの天ぷら!うちも、やってみよ〜
    うちのパパさんも残り物ダメなのよね〜残り物なんだから、残さないで!って。
    | 早紀 | 2009/12/21 9:20 PM |

    うちも夫と映画に行くと、どうにも不思議な人種とお近くの席になることが多くて…。
    その状態じゃ、映画に集中できないですよね…。
    それにしても…そんな親にはなりたくないものです。
    というより、普通そんな映画に子供を連れて行かないような…(--;)
    | ある主婦 | 2009/12/21 2:57 PM |

    その母にして・・・親の顔が見たいって〜横に居ても平然じゃ見ても無駄だわね。

    スーパーなんかでも困った親子が多くって、注意した人がヤブヘビで八つ当たりされる時代だしね。

    私もついついNET買いした蟹や魚が幅をきかせていたのに、お歳暮が来たり、友人が釣果を送ってきたり〜。

    嬉しいありがたいことなのに、思わず「何処に保存すればいいの〜」って、夫に「11月頃からは取り寄せは止めたほうがいいですね」と冷たく言われてしまったの。

    冷蔵庫の中も年間スケジュールで、場所のシフトを考えておくべきでしたわ〜。
    | ば〜ば | 2009/12/21 1:47 PM |

    読んでいるだけで背筋の寒くなるような映画館でのお話。
    ありえないようで、いまどきの親子らしい感じもします。せっかくの映画、楽しみが半減しましたね〜
    里芋の煮物の天麩羅といちご入りの牛乳かん、とてもおいしそうです♪
    | いちご | 2009/12/21 1:18 PM |