RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

* たまのへや *

〜ベランダ園芸とか紙粘土とか料理とかふらふら散策に出かけたりとか〜
気の向くままにあんな事やこんな事をやってみる。
<< 「にんにく牛乳粥」はなんだか妙に美味しいのです。 | main | 秋の区民農園。 >>
カンボジアに行くその理由・・・
0
    10月にベトナムの首都ハノイと、カンボジアは世界遺産のアンコールワットに旅行する事になりました。

    ベトナムは、昨年にホーチミンを訪れた私がすっかり気に入ってしまったので、今年は少し趣の異なる北部のハノイに行く事にしたのですが、アンコールワットは、珍しくオットが「行きたい行きたい行きたい!!」と主張したので、「まあ、世界遺産だし」と行く事に同意しました。

    どうしてオットがそれほど「アンコールワットに行きたい!」とこだわったかというと・・・

    ゆでたまごセレクション
    小学生の頃に読んだ赤塚不二夫氏のギャグマンガ
    「ウンコールワット」に感銘を受けて、それ以来
    ずうっーーーーーと行きたかったのですって。

    1974年の少年ジャンプに掲載されたというこの漫画が収録された復刻本が今年発売された、というので、彼はネット注文してまで取り寄せておりました。




    赤塚不二雄ベスト ゆでたまごセレクション
    赤塚不二雄ベスト ゆでたまごセレクション

    オットが衝撃と感銘を受けたこの漫画とは、一体どんなものなのだろう?と、早速わたしも
    読んでみましたが・・・

    く、く、くだらなすぎー!! びっくり

    アンコールワットとは何も関係ないどころか、世界遺産委員会が怒るのじゃないか、と思うくらい、内容はただただ「う●こ」のオンパレードです。
    ウンコールワットを発見したのが、「ウン考古学者」のクソ塚不二夫であるとか、アンコールワットを建設したのが「クメール民族」なら、ウンコールワットを建設したのは「クミトール族」であるとか・・・・・

    この漫画を描いた赤塚不二夫氏の当時の精神状態はいかがなものか?とふと心配になってしまいました。(大きなお世話だけど)

    しかし、この漫画は当時の多くの少年の心に強烈に残っているようなのです。
    そういう意味では、迷作・・いえ、名作といえるのでしょうかねぇ(?)

    とにかく、こんな理由でアンコールワットを訪れると主張するオットはハナからあてに出来ません。気をとりなおして、わたしもアンコールワットの事をちゃんと調べ始めました。

    すると、早くも心配事が・・!!

    アンコールワットにある「第三回廊」とやらに行くには、崖のような階段を登らないとならないようなのですが、その階段は、急勾配の上に、一段一段の幅が靴幅くらいしかないらしい・・・

    ↓以前に訪れた友人が撮影した階段の写真。・・・こ、怖すぎる。
    第三回廊への階段

    ↓上から見ると、マジに崖じゃん冷や汗
    第三回廊への階段

    今からイヤな汗が出てきそうですが、絶対に登りますとも!
    (オーストラリアのエアーズロックに登った際も、埋め込まれた鉄の鎖のついた手すり一つを手がかりに、腕で体重を支えながら急勾配の山肌を登ったのです・・泣きそうになりながら)
    ・・という事で、ジムに通って体力作りに余念のない今日この頃です・

    なんだか遺産を見に行くのか、挑戦しに行くのか、わかんなくなってきちゃいました。

    お、落ちて死なないようにね・・・と思って頂けたら
    クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキング
     にほんブログ村 生活ブログへ
    | お散歩&お出かけのへや | 08:22 | comments(14) | trackbacks(0) | - | - |
    >chano-sukeさん
    遊びにいらして下さってありがとうございます!
    そして、こんな情報がお役に立てたのね〜。私もうれしい限りです。
    オットも皆に「バカじゃないの?」と言われていたので、同じような郷愁を感じて下さっている方がいらした事に、涙を流して感動するに違いありません。
    またちょこちょこ遊びに行かせて頂きますので、よろしくお願いします〜!
    | たま | 2006/10/05 6:18 PM |

    こんにちは。「ぐるっと秩父」のchano-sukeです。
    こちらのブログに遊びに来てみてびっくり!!な情報です!
    「ウンコールワット」は幼い記憶にもインパクト強く
    残っている漫画なのです〜。
    当時読んだ以来目にしたことはないのでタイトルも覚えて
    ないし、あれは幻だったかのような想い出ですが、
    あんな漫画はきっと他には無いでしょう・・・。
    復刻しているのですね!
    ちょっと買って読んでみようと思います。
    貴重?!な情報ありがとうございました。
    | chano-suke | 2006/10/05 12:51 PM |

    >kazukitiさん
    今月中旬に出発します。
    何事もなく楽しんでこられるようがんばります!
    階段から滑って落ちないよう祈ってて下さい(笑)
    | たま | 2006/10/01 11:07 AM |

    こんばんは〜♪

    カンボジア
    今月ですね。
    楽しみ、ですね。
    いつ、出発かな?

    アンコール ワット
    ケガ、しないように、気をつけてくださいね。
    | kazukiti | 2006/10/01 4:45 AM |

    >レオさん
    オプショナルツアーなども現地の旅行会社に直接申し込もうと思っているのですが(全然安い!)、それやこれやの手配もこれからしないとなりませぬ〜!
    出発前は何かと忙しいですね。
    でも楽しんできますよ!
    笑って頂けるようなハプニングがあるかしらん??
    | たま | 2006/09/29 11:42 PM |

    おぉぉ〜^^
    さすがたまさんだわ。お安いし、チャレンジャーだし♪
    た〜くさん写真撮ってきてくださいね。
    また、「小説」楽しみにしてます^^
    | レオ | 2006/09/29 11:06 PM |

    >Duftiさん
    本当にくだらないですよね〜。
    読んでもくだらなさすぎましたが、あまりにもギャグが徹底されていてちょっと感心もしちゃいました(笑)
    以前はあまりに忙しすぎて、去年海外に出かけたのが5年ぶりでした。年に1度、いや2年に1度でいいから、ちょっと遠くに旅行が出来ればいいなぁ・・・。
    カンボジアはがんばってきます!
    今日もジムに行って筋トレしてきましたよ!(笑)
    | たま | 2006/09/29 8:49 PM |

    男の人ってやっぱりいつまでも少年ですよね(^_^)漫画のタイトルからとってもくだらなくて,プッと笑ってしまいました。

    アンコールワット,いいなぁ。とっても素敵なんだろうな♪旅行ができて,うらやましいです。いいものを見るには,苦労しなくちゃいけないんでしょうか・・・それにしても第三回廊とやらは,怖すぎないですかぁ??たまさん,体バッチリ鍛えてってくださいよ!
    | Dufti | 2006/09/29 2:08 PM |

    >がんさん
    赤塚氏はしぶといです。今はどうされているのでしょうねぇ?オットが時々気にかけているのですが・・・。
    アンコールワット旅行のレポートは是非させて頂きます。
    たいした報告が出来ないかもしれませんが、よんでやって下さいね。
    私は台湾でトランジットした事はあっても、観光した事がないです。
    屋台の食べ物がやたら美味しいとは聞くのですが。
    今度是非教えて下さい!

    >みこさん
    ご訪問ありがとうございます。
    アンコールワットの例の階段は、さすがに降りる時にはけが人が続出したようで、今では下り専用の階段には手すりがつけられているようです(ホッ)
    怪我しないように・・・がんばります!

    >レオさん
    私って、どうも挑戦体質のようで(笑)
    旅費は、安いツアーを探して、ハノイ3泊、アンコールワットに近いカンボジアはシェムリアップ2泊、航空会社はベトナム航空直行便で、2人で23万円くらいでした。
    ビザは自分達で手配、ホテルはランクアップをしてこれくららいなので安い方だと思います。
    現地でも色々行きたいので、現地の旅行会社に直に申し込もうと思います。なんせ、ベトナムは物価が安いので、絶対現地に直に申し込む方が安いんですよ。
    既にご存知とは思いますが、ちょっとやそっとの事では驚かない私なので、命が狙われなければ結構なんでもアリです。

    >まゆたんさん
    お体の具合は大丈夫なんですかー??
    お弁当を作らなければならないのだから、ちゃんと養生しなければダメですよ〜。
    こんな体調なのにコメントありがとうございます。
    うちのオットはただの脳天気な男子です。
    フォローして頂けるほどもものでもありませんから(笑)

    >kfkfさん
    なにやら深いコメントをありがとうございます(笑)
    彼の趣味は今更理解しようとは思いませんが、こういう浅い部分が嫌いではないと思っていたりするので(要は平和っていう事、と割り切っております)、まあ、いいかな、と。
    コレで彼の長年の希望が叶えば、しばらくは私のいいなりになるでしょう。ふふふ。

    | たま | 2006/09/29 1:51 AM |

    わたくし、勉強不足にて残念ながらその作品は存じ上げませんが、
    理解しあう過程が夫婦、とは言うものの、「ウンコール…」を今から理解するのは無理でしょうね…
    ウン…じゃなかったアンコールワット、楽しんできてください。
    | kfkf | 2006/09/28 11:50 PM |

    今週 死んでます・・・ (´Д`).∴カハッ
    歳?なのか 熱が上がったり下がったりで
    体が重く・・・ エライよ〜 。・゚゚・(>_<)・゚゚・。びぇーん
    ・・で ベトナムに行くの〜?
    Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ〜!
    楽しんできてね♪
    また 写真とか楽しみだな〜〜〜!
    しかし ウンコールワットとは すごいマンガですね!
    ( ̄w ̄)ぷっ
    私も知らないけど ご主人はお茶目ですね〜。。。
    | まゆたん | 2006/09/28 11:46 PM |

    えーーーー!!
    こんなとこ登るんですかぁ〜?
    無謀だわ・・・

    でも上からの景色とってもいいんでしょうね〜^^
    ・・・って。
    旅行かぁ・・うらやましいわ〜
    ちなみに差し支えなかったら旅費っていくらか教えていただけます?
    差支えがあるようなら「例のところ」でこっそり教えてくださいな^^♪
    | レオ | 2006/09/28 10:41 PM |

    (〃⌒―⌒〃)ノコンバンハ

    今日は私のブログに訪問、有難うございます。
    チラッと見る花の写真やベランダ園芸は、
    私も好きです。
    デジカメを持って花や自然を撮るのが好きです。
    料理は食べる方が好きですけど (^_^;タハッ

    海外旅行に行かれるのですね、いいですね。
    写真の階段、こわ〜。
    足腰を更に鍛えて登ってください。
    登るより降りる方が大変そう。。
    | みこ | 2006/09/28 8:12 PM |

    ウンコールワットは知らないけれど、アンコールワットはいいでしょうね。
    私も一度訪ねてみたい場所です。
    アジアは出張で何度か台湾に行ったことがあるだけなので、殆ど知りません。
    レポートを楽しみにしております。
    しかし、赤塚不二夫って、何年も前に癌だって言ってましたよね。
    医者には止められているのに、お酒をガバガバ飲んじゃって…。
    まだ亡くなったとは聞かないので、生きておられるのでしょうね。
    「おそ松君」は懐かしいな…。
    もう少し先ですが、お気をつけて。
    | がんさん@大和の国 | 2006/09/28 10:52 AM |










    http://blog.tamanoheya.com/trackback/362680