RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

* たまのへや *

〜ベランダ園芸とか紙粘土とか料理とかふらふら散策に出かけたりとか〜
気の向くままにあんな事やこんな事をやってみる。
<< やっと昼間に出会えたお目当ての猫たち。 | main | 秋薔薇のイングリッシュガーデンは素敵。 >>
初めて献血をしてみました。
0
    じゃーん!これは、今年10月よりカード化された、「献血手帳」ならぬ「献血カード」です!

               献血カード

    裏には、名前やら献血履歴やらが印字されております。
    旅行前に献血をしてGetしたのです。

    私の友人には「献血が大好き」という奇特な人がいて、「血をとると体が軽くなるような気がして気持ちがよい」という彼女は、毎年、誕生日には献血をする事にしているそうで。

    それを聞いて「げー・・マジ?」と言っていた私は・・・実はこれまで献血をした事がありませんでした。

    子供の頃、少しばかり体が弱くて、血液検査の為にぶっとい注射器で何度も血を採られては貧血を起こしていたトラウマから、今までずうーーーーーっと街中での献血の呼びかけは聞こえないふりをしていたのです。

    が、しかし、血なんか人の2倍くらい抜いてくれても平気そうな自分が、献血をした事がないという事は、なぜかずうっと胸に引っかかっていて・・・

    一念発起!

    ブラブラ遊んでいる身分なので、何かしら少しでも人様のお役に立てる事をしようと、
    「今年の下半期の目標は、初献血をする事」と、飲み会の席で宣言してしまったのでした。

    有言実行。いざ献血しようと思うと、街中には常設の「献血ルーム」などというものがいくつもあるのですねー。

    ドキドキしながら行ってみたら・・・タダでドリンク飲み放題、漫画も雑誌も読み放題のキレイなお部屋に、献血なんかしそうに見えないキャピキャピした女子高校生やら、一見気だるそうな若者の男子やら、ミニスカートのお姉ちゃんやら、仕事帰りっぽいおじ様やらがそれはそれは大勢いらっしゃいました。(もしかして、今、献血って流行ってる!?)

    彼らの姿を見て、「あいやー。日本も捨てたものじゃないわ。」なんて思ってジーンポロリ としてしまう単純なわたし。

    でも、献血資格って結構厳しいものなのね・・。

    渡された質問表に記入し、タッチパネルの質問に回答し、医師の問診を受けて、採血して血液の濃度検査をして、すべてにパスして初めて血を採ってもらえるのです。

    1980年から1996年までの間に一泊でも英国に滞在した人はもうそれでNG。
    歯医者に通っている最中の人もNG。

    私も、胃炎の為に処方されて、4時間程前に飲んだ薬の名前がわからなかったので問診でNGとなりました。

    そうなると、絶対に、どうしても、意地でも、血をあげたくなる私。

    二度目のチャレンジのその日は海外旅行出発の前々日でした。
    海外に行くとその後4週間は血をもらってもらえないので、そんな時に強行です。

    朝から薬は飲まず、念の為に、処方されたお薬の表も握り締めて、満を持して問診に挑んだこの回は見事にパス!
    血液検査の結果にも太鼓判を押され、ようやく血を採ってもらえる事になりましたー!

    そして、献血用の寝台に寝かされ、ナースのお姉さんに優しく声をかけられながら、やっぱりぶっとかった針を腕に挿されて・・・ぼうっとすること約15分。

    「はい、針を抜きますね〜」というお姉さんの言葉で、私の記念すべき献血初体験は終わったのでした。

    なんだか長い道のりだった・・・(しみじみ)

    思ったより痛くなかったし、もちろん気分も悪くならなかったし、世の中には時間を割いて献血に訪れる老若男女がたくさんいる事もわかったし・・・献血をしてよかったぁ〜・・なんて思いましたよ。

    これを機会に、定期的に献血をして献血ポイントを貯めて、赤十字グッズなんかもらっちゃおうかしら?

    もしかして、ちょっぴり献血してみたくなっちゃった? ご参考までに→病院 献血情報

    献血ってなかなか奥が深いのね、と思ったら
    クリックよろしくお願いします
    人気ブログランキング
     にほんブログ村 生活ブログへ
    | 日々これ徒然のへや | 09:49 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    >Duftiさん
    注射って嫌ですよね〜。
    私、このところ健康診断やら胃カメラをのんだりやら、で、かなり続けざまに腕の血管にブスブスやられていたのですよ。
    なので、なんとなく慣れたついでにやっちゃいました(笑)
    平気な人は平気なんですよねー。
    わたしもこれで一つ未知の世界を経験しました!

    >takkeyさん
    そうなんですよね、イギリスに1泊しただけで・・・。
    まあ、血液製剤やら輸血についてはこのところいろいろあったのでかなり厳しくなっているのだとは思いますが。
    私は、ヨーロッパを訪れた時にたまたまイギリスには立ち寄らなかったので、貴重な資格を得られてしまったわけですわ。

    >レオさん
    レオさんてかよわい女性だったのねー。
    その分わたしが全国の皆さんに血をお分けするわ!
    献血グッズって色々展示されてたけれど、なんかいまひとつパッとしたのがなかったような・・・(笑)
    ところで、わたしが行った献血ルームには、お菓子はあったけれど、ハンバーガーとかハーゲンダッツなんて見当たらなかった!今度探してみよう。

    >kazukitiさん
    注射は私も怖いですぅ〜(汗)
    献血の針(一瞬見えたけれど太かった!)を挿すときも見ないようにしていました。
    でも、そう痛くはなかったです。
    kazukitiさんも是非挑戦してみましょう!

    >うーさん
    200回以上ですか!!すごい!それは立派な献血マニアです。
    私も全血でしましたけれど、来月にはもう出来るみたいです。(海外に行っちゃったので帰国から1ケ月はできないようですが)
    初回なので200mlでお願いしましたけれど、しつこくしつこく「あなただったら400で」と言われました。
    あれって結構時間かかるんですよねー。
    でも、本当に献血ルームに人が沢山いて驚きました。
    わたしもまた行きます。
    | たま | 2006/10/29 10:20 PM |

    一時期毎月のように成分献血やってましたが、最近はさっぱり。
    でも回数は200回を越えております!立派なマニア。
    なんとなく血液を抜いた分だけ新しい血液を再生するわけだから浄化されたような気分になれるんですね。
    バスだと成分献血が出来ないので全血でやると女性は4ヶ月くらいできないんですよね、確か。
    なので前にいつやったか覚えてなくて(カードなくして再発行待ちなのです)今はほんとにたまにしかやってない。
    職業が職業なんでもちろん注射針は怖くないですよ。
    ルームでやるとほんとに食べ放題飲み放題の漫画喫茶状態で成分献血の時にはDVDとか見たりしてました。
    有効な時間つぶし&気分転換って感じですね。
    またいこっかな。
    | うー | 2006/10/29 5:17 PM |

    こんにちは〜♪

    献血ですか〜。
    私は、した事ないです・・・(^^ゞ
    「血」を見るのがダメという事では、ないのですが・・・
    「注射」が、苦手なんです・・・(^^ゞ
    「健康診断」の時も「明後日」の方向見てます・・・・
    人の役にたちたい・・・
    たまさんを、見習わないと・・・
    | kazukiti | 2006/10/29 4:38 PM |

    ほんと最近、巷では献血がはやってる(?)みたいです。
    先日もNHKで特集をしておりました。
    それでも放送されていたけど、ほんといろんな食べ物をくれるみたいですね〜。ハンバーガー(モスだったかな?)ハーゲンダッツ、無料の自販機等々。
    食費を浮かすために来る人も多いとか?

    私も以前に会社に来た献血バスで試みましたが、NG。
    私の場合は一生無理みたいです。
    だから街角で呼びかけられるのが苦しくって・・・。
    献血グッズって何もらえるのかしらね〜??
    | レオ | 2006/10/29 3:46 PM |

    90年代のたった一度の英国滞在のために、「ご協力くださーい」の声を心苦しくムシせねばならないわたしにとって、その手帳は眩しすぎます(涙)
    おつかれさまでした〜。
    | takkey | 2006/10/29 12:54 PM |

    献血,きいただけで体の力が抜けてしまいます。私は,テレビでも手術シーンなどを見ると体中の力が抜けるというか,入らなくなる・・・弱いんですね・・・なので,一度も言ったことがありません。私の血が誰かの為になるのかもと思うと行くべきだなんて思ってはいるものの,病気でもないのに針を刺されるのは何だかイヤなんて思う自分も。

    ジュース飲みたいがために献血をする友人もいるのに・・・
    でも,献血カード,かっこいいいいいい〜(笑)
    | Dufti | 2006/10/29 11:25 AM |










    http://blog.tamanoheya.com/trackback/387872