RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

* たまのへや *

〜ベランダ園芸とか紙粘土とか料理とかふらふら散策に出かけたりとか〜
気の向くままにあんな事やこんな事をやってみる。
<< ラディッシュも初収穫。そして早速お腹の中に。 | main | 一面黄色の菜の花ロードと新ネコ友候補。 >>
久しぶりの針仕事でブックカバー。
0
    最近、図書館から文庫本を借りてくる事が多いので、今度は文庫本サイズのブックカバーもチクチク縫ってみることにしました。

    ありあわせの布を縫い合わせたら、なんだか気分が乗ってきてついつい刺繍まで。

    今、わたしの心を占めている野菜たちを刺繍してみました〜。

    ブックカバー

    溢れる手作り感が、ある意味ちょっとウザい?
    そして、なんか中途半端。実はここまでやって飽きたの(笑)

    そういえば、むか〜しむかし、刺繍にハマって毎日刺繍をしていた事がありました。
    私は中途半端な凝り性らしく、飽きればピタっとやらなくなるけれど、飽きるまではかなりハマるタチのようです。(仕事にも中途半端に凝ってハマりやすいので、よく仕事人間だと思われる事がある。)

    この性質は、どうも父から受け継いだっぽい。
    父がサツキやツツジの盆栽に凝ったらしき頃は庭中高価な鉢と苗木だらけだったし、釣りに凝ったらしき頃は冷蔵庫の中は生餌だらけで高級釣竿がたくさん、ボウリングに凝った頃にはマイボール、マイシューズに加えて、レーン使用の優先権がある会員権をもっていた事を憶えています。

    よく知らないおばさんから
    「お宅のお父さんは若い頃は泳ぐのが好きでねぇ。台風が来てるのに、海でおぼれそうになりながら一人で泳いでいたものよ。」としみじみ言われたり、(多分水泳に凝っていたのだろう)
    母から、
    「大雨が降っているのに釣竿をもって出かけたまま帰ってこないから心配して様子を見に
    行ったら、お父さんたら車の中にいて、車の窓から釣竿の先を出して釣りをしていた。」
    と父の逸話を公表された時には、
    「笑えるけど、そんなお父さん、ちょっとヤダ・・ふぅ〜ん
    と思ったものですが、そんな性質はしっかりと私のDNAに刻みこまれているような気が・・・。

    そういえば、父は一時期野菜も作っていたっけ・・・1年くらいで飽きたみたいだけど・・・汗

    さてさて、ブックカバーの中身は・・

    鬼平犯科帳

    今、コレにハマってます(笑)
    結構面白いので、全24巻読破するつもり。(今はね)

    全部読む前に飽きないようにね、と思ったら
    クリックよろしくお願いします
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキング
    | 手芸・手作りのへや | 00:50 | comments(12) | - | - | - |
    >レオさん
    そ、そうかな、やっぱり父の遺伝かしら・・・(汗)
    でも、私も「トコトン」の手前で終わってしまうのよねー。
    どれかをトコトンやってたら、今頃はそれでご飯を食べられていたかも!?
    野菜づくりも飽きてピタっとやらなくなっても・・笑わないでね。
    | たま | 2007/04/19 6:59 PM |

    これまた最高に面白い話ね〜(≧∇≦)♪
    確実にたまさんはお父様の血をかなり濃厚に受け継いでるわね♪
    でもある意味うらやましいな〜。
    私って興味があるものにはどんどん手をつけるタイプなんだけど意外に続かないのよね。前歯でちょこっとかじって終わるような中途半端な終わり方するから何も身につかないの。
    だからやるならとことんやる!ってタイプ好きだわ〜♪
    だからたまさんもだ〜い好き(ノ ̄〓 ̄)ノ ちゅ〜
    | レオ | 2007/04/19 11:49 AM |

    >kazukitiさん
    鬼平はドラマでも放送されていたんですよね。
    そっちの方は観ていないのですが、もしかしたらテレビも時代劇好きになるかも!?と思っちゃうくらいの勢いで読んでいます(笑)
    もうすぐで半分読み終えますが、きっとこの調子だと全巻読みきれそうな・・?
    そうそう、私も絵つきの本も大好きですよ〜(笑)

    >レオさん
    笑えるでしょー!?
    でも、笑った後、「お父さんてそんなヒトだったんだ・・・」ってしみじみ思ったら、ちょっと無言になったわ(笑)
    あのね、鳥に凝って、玄関のそばの壁一面を鳥小屋にしてカナリヤとかキンカチョウとかブンチョウとかジュウシマツを大量に飼ってた事もあったのよ。
    初めてのお客さんはギョっとしてたわ。
    鳥臭いやら、鳴き声でうるさいやら・・・
    ある日いきなりカラオケ(当時は8トラ)の機械があったりして、それからは田舎の夜空に調子っぱずれの演歌をこだまさせていたりした事も何度も・・・
    これでもお茶目だといえるー!?
    でも・・・その親の子です、私。
    父はこの何年かは書道に凝っているらしく、実家の一部屋は父の書に占領されております。
    図書館に行くと、レオさんの好きなお菓子本なんかもたくさんあって楽しいよ!

    >kfkfさん
    ・・・それはちょっとA型の方には失礼かと思われ・・。
    kfkfさん、B型?AB型?(笑)

    >yazさん
    再びありがとうございます!
    池波氏の食べ物の本!?
    なにやら聞いた事があるようなないような・・・
    いずれにせよ、すごく気になります。
    鬼平を読んでいると、芋なますとか、豆腐田楽とかがたまらなく美味しそうに思えてしまって・・、芋酒ってあり!?みたいな(笑)
    是非、探して読んでみますわ!!
    これでまたひとつ、わたしの興味が広がってしまいました。
    うれし〜。
    | たま | 2007/04/19 1:53 AM |

    たまさん、こんばんわ。
    そうそう!食べ物!
    本の名前が思い出せないんですが
    池波正太郎が食べ物について書いてる本があって
    どれも美味しそうでした。
    機会があれば手にされてみては!?と思い
    重ね重ねのコメント失礼しました。
    | yaz | 2007/04/19 1:28 AM |

    A型?
    | kfkf | 2007/04/18 11:01 PM |

    >車の窓から釣竿の先を出して釣りをしていた
    (≧∇≦)ノ彡 バンバン!想像したら笑える〜〜♪
    とってもお茶目なお父様だわ〜♪
    今は何に凝ってるのかしらね〜??
    「鬼平犯科帳」かぁ〜。
    面白い?あたしも図書館行って借りてみようかな〜。
    って・・・図書館てどこにあるんだろ・・?
    | レオ | 2007/04/18 4:41 PM |

    こんにちは〜♪

    知らないところで、DNAが遺伝している?ってことあるのですね〜(笑

    鬼平ですか〜。
    面白いですよね〜♪
    本は、読んだ事ないですが・・・(^^ゞ
    最近は「絵」入りの本ばかり・・・(^^ゞ
    「字」だけのものも、読まないとな〜(笑
    頑張って、完読してくださいね〜。
    | kazukiti | 2007/04/18 4:07 PM |

    >yazさん
    池波氏の作はこれが初めて(多分)ですけど、鬼平面白いです〜!
    ちょっと前だったら、「鬼平のような上司をもって鬼平のような上司になりたい」って思っていただろうなぁ。
    あと、文中に登場する食べ物がなぜかすごく美味しそうなんですよ。
    昔の料理なので純和風で素朴なんですけど、「これで一杯やったら美味しそうー」と思わずにはいられない(笑)
    あ、ブックカバーとしおりは誉めすぎです。
    しおりは、去年の秋にふと思い立って公演の楓とベランダのビオラを何十年ぶりかで押し花にして作ったものなんですけど、意外に色あせないで残っています。
    味噌ダレは・・・配合を憶えてなくてごめんなさい(汗)
    こんなんでよかったらバンバンまねしちゃってくださいませ。

    >がんさん
    ブックカバーは本を保護する役割と、読んでる本を周りの目から隠す役割もありますからね。
    鬼平を読んでいると、まわりのヒトから2度見されそうな気がして(笑)
    がんさんのブックカバー・・・渋すぎます!
    さて、私の野菜づくりもいつまで熱中できる事やら?
    飽きて次の事に凝りだすのか、もっと興味を引かれる事ができるから飽きるのか・・・どっちなんだろうなぁ?
    いずれにせよ、色んな事に興味を持つのはよいことですよね。

    >ふみさん
    すごいパターンですね!
    飽きるのがわかっているから最初から大作に挑むなんて!
    最初から大作やっちゃうから完成する頃には精魂尽き果てているのでは?(笑)
    でも、ある意味尊敬です。

    >ちゃあさん
    あら〜ちゃあさんは形から入るタイプなのかしら?
    道具や揃った時点で8割がた「やった!」気になっちゃうとか(笑)
    で、刺繍のズーム?ズームにしたらボロがよく見えちゃうじゃないのよー。
    ま、でも出血大サービスという事で↓
    http://tamanoheya.com/img/shishu3.jpg
    実物より2倍以上ズームだから、ボロも2倍だよ〜
    なお、この画像は30秒後に自動で消去する・・なんちゃって。
    そうそう、ちゃあさんのおトシ・・
    ぷぷっ、なんてビミョーな年齢に詐称するんでしょ!?ある意味ステキ。
    | たま | 2007/04/18 3:08 PM |

    なんでしょ〜この刺繍〜汗
    凄い可愛い〜。
    お手手で、こんなに出来るんだ。
    今度詳しく、教えて下さ〜い♪(ズームアップで)

    私の場合は、
    道具とかいろいろ買って、
    ちょびっとかじって終わるタイプ。
    最悪ぅ〜。
    | ちゃあ | 2007/04/18 3:05 PM |

    私も同じです。
    アートフラワー・七宝焼き・色々やりました。
    飽きるのが分っているので
    最初から大作に取り組んで出来たら終り
    今はかなり落ち着いてきました。
    | ふみ | 2007/04/18 10:43 AM |

    手作りのブックカバー、いいじゃないですか。
    今のたまさんを象徴しているような柄で。
    ブックカバーをつけると、なんだか「本を大切にしよう!」って感じになりますよね。
    私は京都の建仁寺で買った俵屋宗達の「風神雷神図屏風」柄のブックカバーを愛用しております。(「絵画織り」とか書いてありますね)
    一時期にせよ、凝り性は良いことだと思います。
    いろいろ調べたりして脳は活性化されるし、知識も深まります。(私もそんなタイプ)
    飽きたら別のことに凝る…。
    いいじゃないですか、そういう生き方。
    | がんさん@大和の国 | 2007/04/18 8:59 AM |

    池波正太郎って何気に面白いですよね!?
    ブックカバーもしおりも売ってるヤツみたいなセンスの良さですね!
    昨日の味噌ダレも丁度前々日くらいに生のキュウリを食べながら新しい味噌ダレヴァージョンを探してたんです!!
    ありがたく真似させていただきます(^^)
    ところでたまさんの父上様のエピソード。
    僕にも大分思い当たる節がちょこっと…(笑)

    | yaz | 2007/04/18 2:21 AM |